e-belts web

e-belts.jpg 更新日 2010-12-20 | 作成日 2008-01-24


dvg.JPG" WET to Dry " 性能と水深30mでの過酷な海水耐久性をテストする那須インストラクター (BlueWater divers)



e-belts - USV腹部アンダーサポート

e-belts_USV_X.jpg
(*e-belts だけの独自機能です)


 腰椎ベルトにおいて、腹部に巻き付け腹圧を上げ「腰椎脊椎への負担を軽減する」という働きは基本中の基本です。 しかし、この腹圧を上げるため腹部に巻き付けるという働きは一方で胃を圧迫することにもなるので、不快感や圧迫感が生じたり、スポーツ時には束縛感を生じてしまうことがありました。

 この腰椎ベルトには付き物ともいえる問題を、「胃を回避して下腹部を圧迫することで全体の腹圧を上げる」という手法で解決したのが e-belts 独自の「USV腹部アンダーサポート」機能です。 この「USV腹部アンダーサポート」は単に胃を回避して不快感を軽減するだけではなく、アスリートの運動自由度を妨げないという特徴を有し、また日常でも長時間にわたり快適に使えることから e-belts では必須機能として重視しており、「上下非対称 WAVEデザイン」に大きく反映させました。

 そして特筆すべきは「USV腹部アンダーサポート」による気功で言う下腹部に位置する「丹田」圧迫の効果であり、この「丹田」をしっかり圧迫出来る e-belts は下半身のポテンシャルを理想的に引き出すことを可能にし(しっかり踏ん張れるようになる)、また力を漲らせながらも精神的には「気持ちを落ち着かせ」たり「気合いを入れさせ」たりを容易にいたします。

 この「USV腹部アンダーサポート」は ERGOベルト にも採用されていましたが、 e-belts ではその機能を推し進め、腹部トップは背部トップから 88mmという格段のアンダーサポートになっています。(RS- 8L)